結婚式場の様式はどんなタイプがあるのか?


ウェディングドレスを着るなら教会式の結婚式場タイプ

教会式の結婚式場タイプは、キリスト教主体の様式です。ウェディングドレスを着てバージンロードを歩くというスタイルは、ドラマや映画でもよく見られるので、憧れている人も多いでしょう。神聖な雰囲気の中で、愛を誓い合うのはとてもロマンチックですよね。国内や海外のホテルや専門式場などの教会で行われる挙式は、一番定番な結婚式場タイプです。とくにクリスチャンではないと挙式が行えないというルールもないので、誰でも教会式は挙げられます。

日本古来の神前式の結婚式場タイプ

神前式の結婚式場タイプは、1900年の大正天皇が成婚されたのが始めで、伝統のある挙式です。和装で女性は唐織や刺繍などのさまざまなデザインがある美しい白無垢や、お色直しに華やかな振り袖も着られます。和装の神前式は華やかで豪華な挙式になります。男性は黒羽二重の羽織の袴で男らしく引き締まった印象を与えてくれます。式の流れが難しそうと思われがちですが、斎主さんや巫女さんが丁寧に説明してくれるので、心配しなくても大丈夫です。

自由スタイルが人気の人前式の結婚式場タイプ

人前式は、形式にとらわれない新しいスタイルの結婚式場タイプです。挙式は2人でアイデアを出し合って自由に作り上げていきます。列席者が結婚の証人になり、宣誓文も自分たちで考えます。場所はレストランや船上、ダイビングで海の中やスキー場など、2人の趣味や思い出の場所で挙式を挙げることもできます。衣装も好きなスタイルを選べますし、アットホームな雰囲気から格調高い挙式まで自分たちの思い通りに式が挙げられるのが魅力です。

一生に一度の結婚式になりますので、盛大に行いたいと思っている人は少なくありません。福岡の結婚式場選びには、いくつか気になる施設から見積もりを取得し、事前に見学をしたうえで最終決定します。