ブライダルフェアを見に行く時期は?費用はかかる?


ブライダルフェアは1年前前後に見に行こう

結婚式場を下見する時に参考となるのが、ブライダルフェアです。ブライダルフェアではその式場でどんな装飾がなされているか、料理や演出について直接見ることができるようになっています。実際に結婚式場の規模や演出についてリアルで体験して、参考にしたい人にぴったりな方法です。一般的にブライダルフェアに参加するのはいつぐらいがいいのか、と考えている人は少なくありません。実際に参加する人の過半数が式を挙げる1年前から半年前程度に参加しているといいます。自分達で挙式を行う前に準備期間が必要となるため、ある程度納得が出来る期間に参加しているといえるでしょう。なお、フェアに参加する場合は、2つから4つ程度の式場で参加をしておくと比較しやすいです。

参加する場合は必ず予約をすること

ブライダルフェアに参加する場合には、事前の予約が必要となるため、注意してください。一般的には土日・祝日に開催することが多いですが、平日休みの人でも参加しやすいように、平日に開催する式場もあります。事前に確認する場合の参考にしやすいため、必ずチェックして参加申し込みしましょう。なお、週末で仏滅の日や、大型連休のときに開催されていることが多いため、参加できる日程をチェックしてから申し込みしてください。
なお、ブライダルフェアに参加する場合、費用がかかるのではないかと気になる人は少なくありませんが、一般的なフェアに参加する場合、無料で参加できるため安心してください。ただし、一部の式場では料理を試食する場合だけ費用がかかるところもあるため、申し込みのときに必ず確認しましょう。

京都の結婚式場は、近隣の自然環境や景観を活かしたタイプがあるので、厳かな雰囲気の中で式を挙げる事が出来ます。